江戸時代からマニキュアが!?マニキュアの豆知識

江戸時代からマニキュアが!?マニキュアの豆知識

マニキュアの豆知識

ネイルアートの基本:マニキュア(ネイルポリッシュ)とジェルネイルの違い

2017/11/22

身だしなみの一つではなく、自己表現としてもネイルカラーやネイルアートを楽しむ方が増えてきましたが、従来「マニキュア」として親しまれてきた「ネイルポリッシュ」と最近流行の「ジェルネイル」の違いはご存知ですか。

ネイルポリッシュは主にアクリルなどの合成樹脂を着色し有機溶剤に溶いたもので、乾かすことで固まり定着します。きちんとケアをすれば1週間程度は保つことができ、除去するときは除光液を使って簡単に落とせるので洋服を着替えるように爪を替えることができます。しかしトップコートと呼ばれる仕上げ剤をいくら塗り重ねても日に日にツヤが落ちること、乾くのを待つ間によれる心配があること、早い場合は1日で剥がれてしまうこと、など欠点も多いです。一方ジェルネイルは付け爪の一種で、ジェルと呼ばれているアクリル系合成樹脂を紫外線で硬化させて人工爪を形作るものです。2000年代後半より一般的に知られるようになりました。作り方としては、自爪をやすりで削って傷をつけ、その上にジェルを載せてUVライトに短時間当てて固めます。主にハードジェルとソフトジェルの2種類があり、ハードの場合は削って除去し、ソフトの場合はアセトンを用いて柔らかく除去します。

ジェルネイルの利点は、弱い爪を補強できること、ネイルポリッシュに比べると持ちがいいこと(3週間程度)、上に載せたストーンなどが剥がれ落ちる心配がないこと、濡れたようなツヤツヤの爪になること、ネイルチップよりも密着感があること、などが挙げられます。一方で欠点としては、ネイルポリッシュやネイルチップを使用するときに比べるとつけるのに時間がかかること、自爪を削るので爪が薄く弱くなること、自爪が伸びてきたときに根元に境目ができてしまうこと、伸びてきた境目や横から浮いてしまう場合があること、などが当てはまります。いつでも手軽に、気分や洋服に合わせてあれこれ変えたいのならネイルポリッシュがおすすめで、気に入ったデザインを長く楽しみたいのならジェルネイルがおすすめです。好みに合わせて使い分けるといいでしょう。

-マニキュアの豆知識