江戸時代からマニキュアが!?マニキュアの豆知識

江戸時代からマニキュアが!?マニキュアの豆知識

マニキュアの意味や由来

マニキュアの由来と意味

2017/03/01

 マニキュアとは、手の爪の形を整え、エナメル液を塗って色をつけたり光沢を出したりする爪の化粧を指します。また、その時に使うエナメル液をマニキュアと呼んだりもします。特に日本では、爪に塗る液そのものをマニキュアと呼ぶことが多いですが、英語圏では、ネイルラッカー、ネイルエナメル、ネイルポリッシュ、ネイルカラーと呼びます。

時代とともにマニキュアの持つ意味は変わってきました。古代は、爪を清潔に保つためや爪の色で身分を示すためや、呪術的な目的もありました。時を経て、次第に、アクセサリーのとして親しまれるようになり、爪の保護や身だしなみとして広く受け入れられています。

 私たちは指の爪にネイルを施しますが、それぞれ指には意味があります。指輪をつけるさい、指によって意味が違うといわれていますが、ネイルも同じです。指の持つ意味を知っておくと、一本だけアートを変えたい場合やストーンをつける位置など迷わずにすみます。

 まず親指。右手親指はリーダーを表し、リーダーシップを発揮したい場面においてパワーをくれる指です。続いて、人差し指。人差し指は頭を活性化させ集中力を高めるパワーがあります。中指は、直感力や邪気を払うという意味があります。薬指は、創造力を高め恋愛運を向上させるパワーがあります。小指には、自分の魅力を引きだすパワーがあります。勝負の日や願いをかなえたい時、指に宿る力に願掛けをしてネイルを楽しんでもよいですね。

-マニキュアの意味や由来