江戸時代からマニキュアが!?マニキュアの豆知識

江戸時代からマニキュアが!?マニキュアの豆知識

プロを目指すには

マニキュア・ネイリストを目指して

2017/03/01

 100円ショップでネイル道具が一式揃えられますし、自宅で手軽にできるジェルネイルキットなども販売されています。誰でも気軽に楽しめることから、雑誌やインターネットなどのアートを参考に、ネイルアートをする人が増えています。なかには、プロになってネイルチップを販売やネイルアートの施術によって報酬を得たいと考える人もいるかもしれません。

 ネイルのプロのことを総称してネイリストと呼んだりしますが、ネイリストを名乗るのに資格がいるわけではありません。ただ、ネイルサロンの求人広告などを見ると、ネイリスト技能検定試験2級以上といった資格を持っている人を対象としている場合が多いです。プロとして活躍するためには、資格取得が基本となっています。資格は、通信講座やスクールで学び取得します。JNECのネイリスト技能検定が最も有名で、2級以上がとれればサロンで働くことができます。1級はトップレベルなので優遇されるケースもあります。ネイルサロンは、資格よりも実務経験を重視しているところも多いので、スクール生でも入れるサロンを探して、実務経験を積みながら、資格取得を目指すのもよい方法です。

 美容室とネイルサロンが併設されているようなサロンでは、美容師の資格に加えて、余裕があればネイリストの資格も持っておくと有利です。人気の高いネイリストになるためには、実務経験がとにかく大切です。はじめのうちは研修制度が充実しているサロンで働き、経験を積みましょう。

-プロを目指すには